映画『ブルックリン』

 

『ブルックリン』

 

 

 

移民の少女の青春と、揺れ動く心を描いた作品。今年の第88回米アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされた。

 

 

 

舞台は1950年代。おとなしい性格の少女エイリシュ(シアーシャ・ローナン)は、アイルランドの小さな町からニューヨーク・ブルックリンへ単身移住。故郷とはあまりに異なる大都会での生活にホームシックになるが、イタリア系移民の青年トミー(エモリー・コーエン)との恋をきっかけに、洗練されたニューヨーカーとしての生活が始まる。そこへ故郷からある悲報がもたらされる。

 

 

 

終始どの場面からもグリーンが目に飛び込んでくる。緑豊かなアイルランドは「エメラルド色の島」と呼ばれ、ナショナル・カラーが「グリーン」なのだ。国のお祭りであるセントパトリック・デーは、皆がグリーンの服を着て、町はグリーンに包まれる。故郷を思う強い気持ちと、期待が沸き上がる新天地での日々。エイリシュの揺れる心模様を、ジョン・クローリー監督は洋服のグリーンの分量の増減で表現してみせる。

 

 

 

脚本は「17歳の肖像」などのニック・ホーンビー。クスッと笑えるさり気ない会話にリアリティを込め、移民の話す英語や識字の問題をさらりと描く。移民の生活の描き方も丁寧だ。誰もが貧しいながらも将来に希望を感じていた50年代、ニューヨークの下町の姿が浮かび上がる。

 

 

 

過去から続く狭い世界に生きていくか。それとも見たことのない広い世界へと旅立つのか。エイリシュは自らの人生を選択することで大人の女性に成長した。ラストシーン。未来へと向かう彼女の眩しい姿は、次世代の少女のチャレンジへとつながっていく。

 

 

 

71日(金)公開

 

1時間52

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2016年7月1日(金)

神戸新聞夕刊「銀幕かわらばん」掲載

無断での転載はご遠慮ください。