映画『64ロクヨン 前編』

主役級の俳優達がスクリーンを彩る。オールスターキャストというと三谷幸喜監督作品のようだが、三谷作品と異なるのは、笑う要素が皆無であることだ。本作は「半落ち」などで知られる横山秀夫のベストセラー小説を映画化。演出を手がけた瀬久敬監督は、今も昭和の残像を追いかける男たちの姿や思いを見事に再現した。その手腕に感服する。

わずか一週間しかなかった昭和64年に発声した少女誘拐事件、通称「ロクヨン」。事件は未解決のまま14年の歳月が流れた。かつて刑事として捜査に加わった三上義信(佐藤浩市)は,現在は警務部の広報官として記者クラブとの確執や,刑事部と警務部の対立に神経をすり減らしていた。そんなある日、新たな誘拐事件が発生する。

 骨太な脚本にスピーディな演出。所々に挟み込まれる意味深なカット。この多層的なつくりにぴたりと納まる奥田瑛二、三浦友和、綾野剛ら俳優陣の重厚な演技。牽引するのは主役の佐藤だ。昨年の「愛を積む人」あたりからだろうか。男くささの中に円熟味が加わったように思う。組織の中でどのようにして「個」としていきていくか。満身創痍でその葛藤を表現する。

 

 実は、三上には数年前から行方不明になった娘がいるという設定だ。その父親の沈痛な思いが,雪に覆われた駅のホームに立っている姿で表現される。ロングショットにもかかわらず,父としても罪悪感に苦しみ、悲しみに包まれている深い思いが、たたずまいだけで伝わってくる。

 

 事件にかかわる「動」、人の心模様を描く「静」。このバランスが絶妙で,一瞬たりとも目が離せない。

 

2時間1分。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2016年5月13日付け 神戸新聞夕刊「銀幕かわらばん」掲載

許可の無い転載や転用はご遠慮下さい。