映画「アイリス・アプフェル 94歳のニューヨーカー」

 

「アイリス・アプフェル 94歳のニューヨーカー」

 

 

 

「ひらめきが大切よ、ジャズの即興のように色々試すの…」と、カラフルな大ぶりのアクセサリーを重ねづけする感覚について語るのは、ファッションアイコンとしてニューヨークで今も輝き続けている女性、アイリス・アプフェル。なんと94歳!!背筋もシャキッと伸びて、紡ぎ出す言葉は人生の指針になるような名言ばかりです。

 

アイリスは1950年代から夫のカール・パテルとともにテキスタイル会社を設立し、ジャクリーン・ケネディを顧客に持ち、歴代大統領からもホワイトハウスの装飾を任されるなど、インテリア・デザイナーとして大成功しました。しかも彼女は、ワンコインショップで売られているようなチープなアクセサリーを堂々とセーターなどと組み合わせてオシャレに着こなし、独創的なファッションスタイルを確立。2005年には、メトロポリタン美術館が彼女のファッション・コレクション展覧会を開催したほどです。この展覧会は、派手な宣伝をほとんどしなかったにも関わらず、口コミを中心に驚異的な動員数を記録。アイリス・アプフェルは、今もファッションアイコン・起業家として世界中のクリエイターから尊敬されている存在なのです。

 

本作は、そんな彼女の生き方に迫ったドキュメンタリー。カメラは、アイリスの成功の秘訣に迫るべく、展覧会や老舗デパート「バーグドルフグッドマン」でのディスプレイ企画、アイリスが出演しアクセサリーを売るTVショッピング(すぐに売り切れ!!)などの舞台裏に潜入し、彼女の行動に密着します。その行動から、彼女が何故こんなにも皆から愛され、尊敬されるのかが見えてきます。
彼女は、夫と世界中を旅し、中国の少数民族の衣装やアフリカの民族衣装を手に入れ、それをとても大切に扱い、ビンテージアクセサリーと組み合わせる独特のファッションを展開しますが、彼女は、そういったものを身につけることで、それぞれの民族の女性たちへの様々な歴史や伝統・文化への畏敬の念を表現しているように思います。

アイリスが、アフリカの品を扱っているお店で「子供の時、ハーレムの女性たちが正装して教会へ行く姿がステキで、じっと見ていた」と語るシーンがありますが、その言葉の裏には深い愛が見え隠れします。アイリス自身が彼女たちの歴史が詰まった衣装を身にまとうことで、彼女たちに寄せる慈愛を伝えようとしているような気がするのです。愛を伝えるために服をまとう。そこに皆が惹きつけら、彼女は奇抜なファッションが多いニューヨークでひときわ輝いてるのでしょう。

 

そういえば、本作では長年連れ添った夫のカールとの夫婦愛も描かれます。これが本当に素敵です。カールはアイリスとの日々を「美しい旅のような人生だった」と言うのですから。そんな風に夫から言われるなんて、同じ女性としてまだまだだなぁと感じずにはいられません。
「ルールはない。あっても破るだけ」というアイリス。一人の男性と半世紀を超える愛を紡ぎ、なおかつ自由に楽しく生き、そしてビジネスも成功させる。彼女のスタイルはどこを切り取っても、人生のお手本になる要素がぎっしり詰まっています。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関西電力 はぴeみる電スタイルマガジン3月号

「津田なおみのシネマレポート掲載」