『キャロル』

『キャロル』

 

「人は恋に落ちると、相手をひんぱんに「見つめる」ようになりますね。

知らない間に相手を目で追っていたりして…。気づいてほしい。でも恥ずかしい…。人の心は裏腹です。

©NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED /CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION
2014 ALL RIGHTS RESERVED
    

たしか、ポリスというバンドのヒット曲に「見つめていたい」なんていうのもありました。 本作は「見つめる」という視線の交錯を巧みに使い、当時、タブーだった同性愛に向かう女性の苦しみや悲しみ、そして喜びも描いている作品です。

 

 

舞台は、1952年のニューヨーク。もうすぐクリスマス。なんとなく街も華やいでいます。高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)。そこに、娘へのプレゼントを探しにキャロル(ケイト・ブランシェット)がやってきます。ゴージャスな毛皮に身を包み、優雅で気品に満ちた美しさとともに、謎めいたムードもある彼女に、テレーズは目が離せなくなりました。買いものをしたあと、手袋を忘れていったキャロル。テレーズはキャロルの家に手袋を郵送し、それが縁で二人は親密さを増していきます。娘の親権をめぐって、離婚訴訟中の夫と争うキャロルと、恋人からの求婚に思い悩んでいるテレーズ。二人は同性ながらも強く惹かれ合っていくのでした…。

 

 

初めて2人が出会うシーン。冒頭でご紹介したように、お互いを見つめる視線によって、二人が恋に落ちる瞬間を鮮やかに描きます。テレーズが遠くにいるキャロルを見つめ、そしてその視線にキャロルが気づき…。視線のズレでお互いの感情を表現する巧みな演出。本作でも描かれますが、1950年代、同性愛は心の病と思われていました。ですからキャロルは、家族に言われ、仕方なく病院で治療をしたりするのですが、2人はそれぞれの心の中で何が起きているのか、この感情が何なのかはわかっています。奥に秘めた熱い思い。触れたいのに触れられない。抑制の効いた演出のなか、色彩は美しく洗練され、どのシーンも見事に整ったカラーコーディネートが、饒舌に2人の思いを語りかけてきます。監督であるトッド・ヘインズが『エデンより彼方に』(2002年)でも採用した色彩の演出。女性たちの衣装(特にキャロルの上質な服の数々!)や、部屋のインテリアも50年代のニューヨークを再現し、どの場面を切り取っても美しい絵画のようです。

 


キャロルを演じるのは『ブルージャスミン』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したケイト・ブランシェット、テレーズには『ドラゴン・タトゥーの女』などのルーニー・マーラです。2人の遠慮がちな交際は、旅行に出かけたことで大きく変化します。女性同士の恋愛というとショッキングな内容では…などと思いがちですが、性を超えたところにある、目の前の障害を乗り越えようとする2人の普遍的な恋の物語です。

ストーリーを追うだけでも、2人の恋の行方に魅了されますが、テレーズより年上のキャロルが、彼女を自分の虜にしたくて、はじめから恋の駆け引きを意図的に行った(わざと手袋を忘れるなど)と思って見てみると、恋の形が全く違うものとしてみえる作品でもあります。
いずれにしても、今年度のアカデミー賞候補といわれている作品ですので、チェックしておいてくださいね!

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

関西電力 はぴeみる電サイト 『スタイルマガジン』2月号

「津田なおみのシネマ・レポート」にて掲載。

無断での転載はご遠慮下さい。