『チャップリンからの贈り物』

世界中の人々に夢と笑顔を与え続けた

喜劇王チャールズ・チャップリン。

亡くなった後、実際に起きた事件を基にコメディータッチで描く。

 

2010年に「神々と男たち」でカンヌ国際映画祭の審査員特別大賞に輝いたグザビエ・ボーボワ監督が、遺族の全面協力を得て映画化した。

 

1978年、チャップリンの遺体がスイスの墓地に埋葬されたことを知ったお調子者エディ(ブノワ・ポールプールド)は

ひつぎを盗んで身代金をせしめようと思いつく。

入院中の妻と幼い娘を抱えてどん底の生活を送る親友オスマン(ロシュディ・ゼム)を誘って実行するが、計画は穴だらけでドジばかり・・・。

 

 

実際にチャップリンが住んだ美しい邸宅や墓地で撮影を行い、チャップリンの息子や孫娘も特別出演。『街の灯』『モダン・タイムス』など往年の名画にそっくりなシーンが登場し、笑いを誘う。音楽は

『シェルブールの雨傘』を手がけた巨匠ミシェル・ルグランが担当し、『ライムライト』のテーマ曲を美しくアレンジするなど、チャップリンへのオマージュをささげている。

 

邸宅の庭で見事に咲く満開の桜を見ながら、登場人物たちがチャップリンの思い出を語るシーンがある。それは、常に希望を信じていた彼についてのエピソードだ。この桜の美しく幸せなイメージは、ラストでオスマンの思いがけないセリフによってつながり、思わず膝を打った。

 

「人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ」。見終わった後、チャップリンの有名な言葉を思い出した。

 

7月18日公開。

1時間55分。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

神戸新聞2015年7月17日付け 夕刊「びびっとシネマ」にて掲載

神戸新聞から転載の許諾済み

無断での転用はご遠慮ください。